イギリス-サンデータイムズやファイナンシャル-タイムズによれば-割引爆発

教育委員会における取組状況調査の結果が文科省より公表された
時間外勤務(残業)の上限規制は付くだろうか
労働者に有休を5日取得させることが義務化されたところ(時季指定義務)

『「先生が忙しすぎる」をあきらめない』など
少なくとも5つの懸念材料を解消していく必要がある
学校に1年の変形労働時間制を入れることの検討が進んでいるようだ
給料の消滅時効延長に企業は反対?今日から労政審での議論スタート!
うち3件が裁量労働制だったことが問いかけるもの